あまつそらなる あいのまにまに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

春にして君を想う

なんとなく落ち着かないまま震災発生から早1ヶ月。

動物たちの救済も少しずつ進んでいるようで現地に行かれてる方にはほんと感謝の言葉しか浮かびません。

今すごく気になっているのは原発の立ち入り禁止区域に放置されている動物たち。

飼い主のみなさんもすぐ帰って来れるつもりでそのまま出て戻れない方が多数だとか。

外につながれていたわんこは自衛隊の人が離してくれたみたいだけど

建物内にいた動物たちは・・・・。



緊急災害時動物救援本部は飼い主さんがわからない動物は捕獲?保護できないんだそうです。

まぁ、なんとなく理屈はわかるけど。。。。 ね。

APF通信の山路徹さんもちょいちょい現地に行っては保護活動を行っていて個人のボランティアならではの活躍をされています。

ほんとすごいよ。ゴイスーですよ。

三度の飯より犬が好きな浅井企画の松本君も早い段階で色々と動いててゴイスーですよ。

私はといえば自分のことでいっぱいいっぱいでなかなかお手伝いもできず応援しつつ
せめてもとお金を送るくらいしかできません。 すみません。 (´☍﹏⁰)
知名度的にもおそらく緊急災害時動物救援本部にはたくさんの人が義援金送ると思うので
私はしばらく個人で活動されている方中心に送金してみようかなと思います。
いつでもお金で解決しようとしてすみません。

以下忘れないために自分メモ。
きっともっとたくさんボランティア団体はあるんだろうけど。

被災地動物情報のブログ

『犬猫救済の輪』動物愛護活動ドキュメンタリー

ケンの家一匹でも多くの命を救いたい!

ちばわん 愛護センター・レポート

(社)SORA 福島被災動物レスキュー ←ボルさんも保護したみたい。


いきなり誰もいなくなってわけがわからないままおなかをすかせさまよっている動物たち。
これ以上、政府と東電に殺されることのないように。



もしも万が一、20キロ圏内みたいな状態になってしまったとしたら
おそらくパブ朗は家から離れずベッドの上でぼんやりしてるんだろうなと思います。
椿はひとしきり遊んで家の中、近所で食べ物探し。きっとほとんど遠くにはいかなそう。
槐はきっとここぞとばかりに猛ダッシュで走り回り近所のわんこを追いかけまわしてるんじゃないかと。
ちゃ、ちゃんと家に帰ってくるかな・・・心配。。

わわわ。
想像していたらなんだか嫌な方向へ妄想が・・・・ (´☍﹏⁰)
絶対離れないっ!と堅く誓ってもどうにもならないこともあるかもしれない。
避難所にペットいれてくれないなんてドイヒーなこと言われるかもしれないし。
これ以上こんな事態が起こらないように。
同じ思いを抱えてる人のために。
手伝いに行けない分、あたくし、一生懸命働いてお金を送る係がんばりますっ!
手伝えなくてもちゃんと応援してますっ!




そうそう、そいで実はいろんなことが重なってうっかり誕生日のことを忘れちゃってまして(照)
4月8日はパブ朗、そしてシュクランちゃんの誕生日でした。
めでたく健康体で4歳になりました。
そして4月10日に椿も5歳になりました!パチパチパチパチ

シュクランちゃんちからおやつをいただいて気がついたのであります。


そしてそのプレゼントがこちら!ちゃらーん!わんこの駄菓子セット~



たっ 大量!!そしてパブロ被りすぎ。

普通に人間のおやつみたいにみえる。わんこたち、満足感満載でした。



シュクラン家の皆さま、ありがとうございました!
これからも一緒にのんびり年月を重ねて行きませう。


余震やら原発パニックやらで色々と生きづらい世の中になっておりますが
町に血が流れるときも強い気持ち・強い愛でのりきりましょう。そうしましょう。

スポンサーサイト

PageTop

04/01のツイートまとめ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。